outline of personal business

「冨永さんの職業って何なんですか?」
「冨永さんって、結局のところ何がしたいんですか?」

最近、よく聞かれるフレーズです。周囲の人からは、やはり怪しく見えるのでしょう。親族や学生時代の友達にもあまり理解されず、色々と苦労しています・・・

なので、今回は自分の現状について、洗いざらい話してみたいと思います。ご興味のある方は是非ご覧ください。

結論から言うと、私のやりたいことは一貫して「人材育成」です。ここは決してブレません。

とは言え、ここ半年の間に労働環境が激変し、多様な分野に手を広げて行っているため、周囲の人からは私が一体何をやっているのか見えにくい状況だと思います。

自分でも驚いているのですが、世の中には様々な選択肢や可能性があるということを少しでも感じ取って頂ければと思います。そして、あなたの今後のキャリア展開に何かしら参考になれば幸いです。

さて、具体的な話に入ります。

事業領域

社会人としての現在の私のポジションは「個人事業主」という分類になります。従って、何かしら事業を経営していることになります。

しかし、それだけでは未だ飯が食えず、「従業員」として企業に雇用して頂き、働いている時間もあります。

では、私が直近で取り組んでいる事業領域を紹介します。次の4分野に大別することができます。
①人材、②IT、③金融、④ブランディング

business domain

次に、各領域において対象顧客別(toC、toB)に提供しているサービス概要を下記の表に纏めてみました。

事業領域 サービス概要
個人向け(toC) 法人向け(toB)
人材 COACH TOMI
・コーチング
・キャリア支援
 
IT ITスクール「First」
・ITスキル教育
ITコンサルティング
・業務改善
・システム開発
金融 「ReturnTaker」
・金融リテラシー教育
 
ブランディング Webブランディング
・Webサイト制作
・情報発信教育
 

個人向け(toC)のサービスは企画から開発まで全て自分で行っています。法人向けのサービスは、現時点では「業務委託」の形態を中心に行っています。将来的に法人向けは、請負から一歩踏み込んだコンサルティングに徐々にシフトして行きたいと考えています。

長期展望

さらに、長期の視点では、第5の事業領域として「起業支援」を考えています。個人事業主の後輩を育成していくために、各領域の要素(人材、IT、金融、ブランディング)をフルに活用した「人材育成サービス」を実現させる予定です。

強い個人を多く創出し、ネットワーク化させることで、組織とは異なったコミュニティを形成できればと構想しています。この活動を通し、個人が主体的に生きる社会を創造していくのが私の最終目標です。

ビジョン自体は28歳頃に漠然と抱いていましたが、31歳になった現在、ようやく輪郭をイメージできるようになってきました。まだ0.1%も達成していないため、もっとペースを加速させていかねば。

今回の話は以上です。怪しさが少しでも無くなればよいのですが(笑)